どんぐりくりくり

秋が大好きな私のささいな日常

ねぶた祭りに大興奮!天気も良かったので満喫したお話

青森に旅行に行ってねぶた祭りを見に行ったことです。足が痛いとどうしても消極的で面倒くさくなってしまいがちなのですが、友人とここ行こう!次はあっち行こう!と歩き回り、いろいろ見て回るのは非常に面白かったです。
はじめてねぶた祭りを見たのですが、様々な山車があって柄にもなく大はしゃぎしてしまいました。どれもとても迫力があり、写真を取るのも忘れてしまうほど夢中でした。

じゃがりこやBOSS缶コーヒーなどのユニークな山車が流れてきたときは笑ってしまいました。伝統的な格好をしている人もいれば摩訶不思議なコスプレのようなものをしている人もいて、見ていて全く飽きないです。こんなお祭りが毎年あるなんて羨ましいなと思ってしまいます。
幸い天候にも恵まれたので、多少肌寒かったですが雨ではないのでそこまで足も痛まず、かなり順調に旅行を楽しめました。やはり外に出て、その場の気分であちこち行くのは私の性に合っていて楽しかったです。
足が悪いからと言い訳をせず、たくさん旅行したいと思えました。

私が抱えている症状は足の関節痛です。発症は13歳の頃、部活動で痛めてからずっと慢性的に痛みが続いています。元々は股関節が痛かったのですが、無意識に庇って歩いていたせいで、いつの間にか膝も悪くなっています。症状としては今はじっとしているとあまり痛くはないのですが、歩いたりするとズキズキと痛みます。一番ひどい時期はあまりの痛みに夜寝られなくなることもしばしばありました。今でも雨の前の気圧が下がった時や寒い時期、また月経の際にもかなり痛みます。

動かしたり思いっきり体重をかけたりすると痛いので、好きだったスポーツは今はできません
また、雨の日などは症状が悪化するのでつい足を引きずってしまいます。長距離移動はかなり負担になりますし、そのたびに友人に気を使わせてしまうのでとても申し訳ないです。困ること、というよりは常に移動や天候に気を使って予定を立てなければいけないというのはかなり不便です。
特に股関節の方はサポーターなどが使えないので、薬やシップに頼らざる負えないため金銭的にも厳しいです。痛み止めとしてイブAを使っています。

一番効果があるのはロキソニンですが、強すぎて慣れると他のが効かなくなるので、少し弱いイブAなどを交互に使うようにしています。
そういった鎮痛剤と合わせて、リョウシンjvという医薬品も使用していますが、こちらもかなり私の悩みの膝の痛みを和らげてくれています。
ロキソニンとリョウシンjvではそれぞれ働きかける効果が違うので、相乗効果を生んでくれている形です。
ひざの痛みはあまり酷くないのでテーピングなどで対策することもあります

一時期サポーターを付けていた時期もあったのですが、普段着のズボンだとちょっと隠し切れずモコモコしてしまったので、今はテーピングで痛みを緩和させています。
冬の寒い季節はポケットにカイロを入れておくと、うまい具合に股関節の痛むところにあたるので痛み止めとカイロで対応しています

2017年一番の思い出になった沖縄でのリゾートバカンス

もっとも嬉しかったのは、沖縄旅行に行けたことです。ずっと行きたくても時間が合わずに行けてなかったのですが、今年やっと念願叶って行くことができました。あいにく天気は曇り空だったのですが、綺麗な海や景色、沖縄料理や現地の人との会話エステなどリゾートを満喫することができました。普段は毎日仕事へ行っては帰って寝て、また仕事に行ってと日々繰り返しているため、リゾートでゆっくりのんびりとすることができて嬉しかったです。もっとも悲しかったことは、四年間付き合った彼氏と別れたことです。

人間としても男性としても素敵で、とても理想の方だったのですが、結婚の見込みがなかったのでわたしから別れを告げました。しかしやはり四年間も付き合ったため、愛着のようなものもあり、喪失感や虚無感などにおそわれ、悲しみは強かったです。そのときにちょうど友人たちの結婚、出産ラッシュとも重なったため、余計に独り身になったことを悲しく思いました

私は筋肉痛と目の疲労による、頭痛に悩んでいます。
高校生ぐらいから肩凝りや目の疲れに悩まされていたのですが、頭痛がするようになったのは20歳頃でした。疲れがひどい時や、生理前後などにとくに強く症状が現れます。症状としては頭痛が主なのですが、ひどいときは吐き気やふらつきもあり、立っているのも辛くなります。そのため横になるのですが、横になっていても強まることもあり、鎮痛剤も効かないこともあります
最近では症状があるまま就寝して、朝になっても治らなかったこともあります。わたしは頭痛の症状が治らないまま、仕事に行かなければならないことに困っています。
簡単に休める仕事ではないため、鎮痛剤を飲んで無理やり行くのですが、ひどい時には仕事中にも頭痛の強い波がくることがあります。

職場ではすぐに横になることもできず、早退もできないため、朝から夜まで頭痛や吐き気を抱えたまま仕事をしなければいけません。
しかし頭痛のために集中できず、仕事が捗らなかったり、思うように動かないことも困ることです。わたしは頭痛が起きた時に市販の鎮痛剤(ロキソニン)を使用していますが、軽い頭痛の時は効果が得られても、強い頭痛の時はあまり効果が得られませんでした

また、ロキソニンで痛くなった時に使うのではなく、しっかりと根本から痛みを取りたいと感じて、リョウシンjv錠という眼精疲労へ効果が認定されている医薬品を使いだす様になりました。これはとても効果的でしたので、その後もリョウシンJV錠を続けています。

また原因は目の疲労や筋肉痛だと思ったため、対策として毎日朝晩目の周りのマッサージをしたり、首、肩をほぐすストレッチを行っています。
具体的にはこめかみ部分を押したり、眼球を動かすこと、肩甲骨を意識して動かすことや、首を左右前後に動かすことです。最近ではその効果もあってか強い頭痛がくることはなく、首や肩も軽くなった気がします。

子供は親を見て育つから~振る舞いの大切さ

私が今年に入って最も笑ったことは、幼稚園の子どもたちの会話です。幼稚園の園庭で遊んでいるのを見学出来たので、参加してきました。プラスチック製の滑り台つきで、子どもが数人入れる小窓つきの小さなお家の遊具で、女の子4,5人と男の子2人が遊んでいました。
よく見ていると、おままごとをしているようでした。
お母さん役の女の子が、子どもたち役の子や、お父さん役の子にテキパキと指示を出していました。ちょうど朝のシーンのようで、みんなを起こして朝ごはんを食べさせていました。

ちょっとした小言も織り交ぜ、さすがに女の子は良く観察していて、面白いなあと思いました。
ちょっとすると、お父さん役の男の子が三輪車に乗って、お仕事に行くようでした。すると、お母さん役の女の子が小窓から顔を出して、「パパー!今日飲み会あるのー?あるならLINEしてよー!わかった?遅くならないでね!」と叫びました。

それを聞いて私含め周りのお母さんたちも大爆笑でした。しかし、日頃の会話や振る舞いは子どもたちは全部聞いて見ているのだから気を付けないと!とあらためて思ったのです

私が今悩んでいるのは肩凝りです。私がその症状を発症したのは、小学6年生 12歳のときです。今では、ひどいときは、ときどき肩が上がらないだけでなく、首の痛み、頭痛 めまい、吐き気など様々な症状を引き起こすほどになりました。子どものころは、同じ姿勢や悪い体勢で本を読んだり、勉強したりで症状が出ていたように思います。大人になってからは、仕事でパソコンを使用する頻度が高く、これが一番の原因だと思われます。また眼精疲労にも繋がっています

一番困るのは、頻繁に起こる症状は、肩凝りから来る「頭痛」です。肩がはってきたなと感じるくらいから、後頭部に鈍い痛みをかんじ、段々と頭全体に広がっていきます。次に困る症状はそれに伴うめまいと吐き気です


起きていられないほどのぐるぐると回るようなめまい、吐き気で動けなくなってしまいます。それから、もう一つの症状は、肩凝りからくる眼精疲労です。
目の奥が痛くなり、それも頭痛に繋がります。
全ての不快症状が肩凝りからきています。

つい最近まで肩凝りに関して飲める薬があるのを知りませんでした。よって何も対策するような薬は飲用しておりません。頭痛になれば、頭痛薬を飲む、ということだけでしたしかし、知り合いに、「このリョウシンJV効くよ。」と口コミサイトを見せてもらい勧められ、藁にもすがる思いで試したところ、服用して30分ほどで、すっと肩が軽くなり効果テキメンでした。


今までリョウシンJVを飲まなかったことを後悔し、手放せなくなりました。薬の対策としては、リョウシンJVですが、あとは肩甲骨回しやヨガ、ストレッチなど、日々続けられる運動も対策として取り入れています。

ストレッチに関しては、テレビでストレッチのプロフェッショナルという番組を見て、それを真似しているのですが、かなり関節が柔らかくなり、貢献しています。

かすみ目が日常生活に支障になるほど苦痛

世界の果てまでイッテQに出演している、宮川大輔という芸人が、違う番組に出ているときに、今一番旬で人気の人という風に紹介されて出てきたのですが、その時に、女性タレントが、「私全く知りません。今日初めてお目にかかって知りました。

と少し馬鹿にしたように言ったので、宮川大輔はとてもいい人なのですが、思ったことをすぐに言い返すタイプだったようで、「私もあなたのことを知りません」と言い帰したので、とてもすっきりしました。家で見ていた家族も、大爆笑していました。

とても気持ちがいいスカッとする、対応だったですし、大人な返しで、すごくよかったです。実際 その女性タレントは、中途半端なポジションの人で、私自身もあなたのことを始めてみましたと思ったぐらいです。


全くその女性タレントを思い出せないと言うところも笑えます。今年とても悲しかったのは、小林麻央さんが亡くなったことです
小さい子供を残して旅立つ母の気持ち。子供の気持ちを考えると涙が止まりません。先立たれた、市川海老蔵さんも人生で一番泣いた日だとおっしゃっていましたが、その辛さは私達が想像出来ないほどのものだと感じます。
35歳を過ぎたあたりから、眼精疲労がひどくなりました。仕事が、事務職で、パソコンを一日中触っているため、確実に目は疲れますが、35歳ごろから、眼精疲労が回復しなくなりました。

そのため、かすみ目 目やに、充血などいろいろな症状が出るようになりました。その中でも、かすみ目が仕事中に起きることが一番大変で、目がかすむと仕事の効率が下がり、間違いの原因になるので、余計に時間がかかり、作業効率が落ちてしまいます。眼精疲労がひどすぎると、頭痛や、肩こり、吐き気 めまいなど、一見目の疲れとは関係がないような症状がたくさん出てしまい、眼科で診察を受けても、目薬を処方されるだけであまり回復しません
何科にかかっても、結局眼精疲労は、年齢や、仕事などが関係するので、回復しないですし、ましになったとしても、完治はしません。
かすみ目の症状がひどいと、外出時にとても困るんです。


信号がぼやけて見え、とても危ないです。道路を渡るのも命がけです。かすみ目 眼精疲労によく効果があると言われている、DHAと、EPA ブルーベリーのサプリを対策として、摂取しています。DHA,EPAは、きなりという商品で、ブルーベリーは、DHCです。
このサプリを摂取してから、半年ぐらいたって、少し改善の兆しが見えてきた感じです。体の中から対策をするのが一番ですが、やはり、医薬品の方が効き目がありました。
私が使っているのは、眼精疲労に良いというリョウシンJV錠です。
効果には時間がかかるので、気長に試していこうと思っています。肩こり対策は、磁気ネックレスでかなりましになりました。

警備員の膝関節が悲鳴を上げた

今年 新しい職種として警備員になりました。
もともとは鍼灸マッサージ師でひとに施術する仕事しかしたことがなくて、一時期体調を壊したこともあり、他の職種に就こうということで探していたところ、警備員の仕事をみつけました。警備員の仕事は主に施設を警備するということで、門番みたいな役割でいないといけないため、入り口付近にずっと拘束されている状態です。それだけ考えると、その場所に居続けないといけないという息苦しさを感じるのですが、そこにずっといることで周りをのんびりと見回す能力を身につけました。見える範囲の中で人の動きだったり、物がどういう風に置かれているか、あの周辺は人が集まりすぎてて危ない…などの様々な環境を身に付けられました。動かない退屈さもあります。でも、他のことができると、すごく嬉しくなります。今年に入って最も悲しかったことは、信頼している人に嘘をつかれたことです。

小さな嘘だから見過ごせばよいと思いたいところなのですが、小さな嘘であるがゆえにそれが大きな嘘へと結びつく可能性を考えると怖いのです。
一番大切にしたいと思っている人に嘘をつかれ、その嘘を完全否定して突き通されるという経験は腹が立つと同時に悲しい出来事でした。私自身は、この世で死ぬまでに嘘を1回もついたことがない人なんていないと思っています。
しかし、やはり何が理由であれ、嘘をつかれたときの衝撃はかなりきついのも確かです。人は許し許しあわないと争いは一向に終結することはないと思うのですが、これをどれだけの人間が実践していることでしょうか。自分のプライドを守るために嘘をつくことで相手を傷つけてしまっている、ということに皆が気付けばこの世はもっと過ごしやすくなりそうなんですけどね。私が

関節痛を発症した年齢は40歳を過ぎた頃でした。症状としては、朝起きたときや長時間座っていると膝が固まっており、ゆっくり動かし始めると筋肉が伸びて動くようになるのですが、歩いてるとふいに擦れるような痛みが出ます。自分で予期せぬタイミングで痛みが出るため、急に作業ができなくなったりして生活に支障をきたしています。

そのときの痛みの症状は、とにかく関節にぎこちなさを感じたと同時に、キリキリと痛みがあったという特徴がありました。おそらくずっと同じ姿勢で座り続けていたのが主な原因かなと思っていますつまり血流が非常に悪くなっていたということでしょう。関節痛の痛みを最も感じた瞬間は、歩き始めようとする最初の第一歩を踏み出すときでした。
私の場合 とくに手術をした右足の関節への影響が大きかったです。
関節痛により、以前のようにスタスタと早いペースで歩くことが困難になりました。どうしても関節痛の箇所に神経が集中して、気を付けようという意識が働くためストレスも加担してしまいます。


また、一旦関節痛が起こると、階段を下りるのが怖くなります。運動不足なので、できるかぎりエレベーターなどは利用したくないのですが、関節痛の影響を考えると難しいです。また、自宅では階段を使わないと生活できないので、関節痛をかかえると少しきついですね。
関節痛を軽減する対策として、私の場合は医薬品を試みました。おそらく私の関節痛は運動不足からくる血流低下が主な理由だと思ったからです。赤外線治療に使っているのは富山常備薬グループという会社から販売されている、リョウシンjv錠です。知ったのは口コミで知りました。
リョウシンJV錠の口コミをチェック!果たしてその効果と評判は?

関節の痛みがある部位に10分程赤外線を当てるのですが、今のところ効果はそれなりにあると思っています。
なぜならその治療をした後は、関節痛の痛みが少しばかりですが軽減され、関節の動きがスムーズになっていると感じるからです。
あくまでも一時的な効果かもしれませんが、何も対処しないよりはよいかなと思っています。
病院に受信したところ、脚に無理をかけ続けたことによる関節痛だと診断されました。